蔵活用しイベント 18、19日に天竜商工会女性部有志 浜松

2019/05/16 08:05 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 浜松市天竜区の天竜商工会女性部有志でつくる「リリーズ」は18、19の両日、同区二俣町のクローバー通り商店街にある蔵を活用した地域活性化イベント「春の蔵シック」を開催する。19日は通りを歩行者天国にして軽トラ市やバルーンアート体験会も併催する。
 約700メートルのクローバー通り沿いにある国登録有形文化財「ヤマタケの蔵」を拠点に実施。地域の高齢者が古布を再利用して作った裂き織りの洋服やバッグ、帽子のほか、花の寄せ植え、アンティーク品、雑貨、飲食物を販売する。
 歩行者天国は19日午前9時〜午後2時、軽トラック約30台が並び、天竜高の生徒が、北区三方原で採れたトマトやタマネギ、サンチェなどの野菜を100円均一で提供する。バルーンアート体験会の講師は女性部メンバーの川島チエミさんが道化師姿で務める。風船をねじって花などの形を作るやり方を教える。参加希望者は当日午前9時から会場で申し込む。問い合わせは代表の松野さん<電080(5117)4587>へ。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報