「政治への不信招いた」「コロナ対策、若い人に配慮を」 有権者から菅首相に注文

2020/09/16 19:23 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各地の有権者は菅義偉首相の就任をどう見ているのか。新内閣への期待や注文を聞いた。

 最近、就職活動を始めたという大阪市都島区の大学3年生、金山豊さん(22)は「携帯電話料金は月1万6000円くらいで高すぎる。新型コロナの影響でバイトが減り、支払いが大変。就活でスーツを買うなど出費もかさむので値下げしてほしい」と菅首相の持論の携帯料金値下げに期待。組閣については「大阪で開く万博の担当大臣には地元議員がなってほしかった。東京選出の議員が大臣になってどれだけ地元の事情が分かってもらえるか心配だ」と話した。

 京都市下京区の無職、松野吉孝さん(68)は「安倍さんの片腕だった菅さんは森友問題などにふたをしてしまったように思う。政治への不信を招き、これからいろんな政策を示されても期待できない」と冷ややかに見る。

 兵庫県芦屋市の主婦、岡由美さん(55)は「大学4年の娘がいるが、4月から通学できず就職活動もリモート。きちんと卒業し、就職できるのか心配でたまらない。新政権には、とにかく新型コロナ対策で若い人たちが不利益を被らないようにしてほしい」と話した。【隈元悠太、南陽子、中村清雅】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報