香港国家安全維持法可決は「遺憾」 「国際社会の信頼損ねる」と菅官房長官

2020/06/30 11:57 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、「香港国家安全維持法」が可決したとの香港メディアの報道を受け、「国際社会や香港市民の強い懸念にもかかわらず、同法が制定されたことは遺憾だ」と述べた。

 その上で、「国家安全法の制定は1国2制度の原則に対する国際社会の信頼を損ねるものであり、引き続き関係国と連携し、適切に対応していきたい」と語った。【秋山信一】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報