奈良・宇陀市長に新人・金剛氏 失職の高見氏、返り咲きならず

2020/06/28 22:26 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前市長の失職に伴う奈良県宇陀市長選は28日投開票され、新人で元県職員の金剛一智(かずとし)氏(63)=自民、立憲民主、国民民主県連推薦=が前市長の高見省次氏(60)を大差で破り、初当選。市有施設を巡る対応などを理由に市議会から2度の不信任決議案を可決され、失職した高見氏にとって事実上の出直し選となったが、返り咲きはならなかった。【広瀬晃子】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報