首相UAE訪問 アブダビ皇太子と会談 中東緊張緩和へ努力で一致

2020/01/14 12:06 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中東歴訪中の安倍晋三首相は13日午後(日本時間同日夜)、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで、アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド皇太子と会談した。首相が海上自衛隊の中東派遣の目的を説明して理解を求めたのに対し、皇太子は「沿岸国として具体的な協力・支援を惜しまない」と表明した。

 米国とイランの対立で緊迫化している中東情勢を巡り、両氏はサウジアラビアなどと連携しながら緊張緩和に向けて外交努力を尽くしていく考えで一致した。

 また、首相はUAE国民を対象にビザ(査証)を完全免除する方針を伝え、皇太子は謝意を表明した。【アブダビ成沢健一】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報