パリで男性教諭首切られ殺害される 容疑者射殺 授業でムハンマド風刺画見せる

2020/10/17 10:34 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パリ近郊コンフランサントノリーヌの路上で16日、中学校の歴史地理科の男性教諭(47)が、刃物で首を切られて殺害された。容疑者の男はその後、駆けつけた警察官に射殺された。仏メディアによると、教諭は1週間ほど前、授業でイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せたとして、何者かに脅迫を受けていた。仏警察はテロ事件と断定して捜査している。

 仏メディアによると、事件は16日午後5時ごろ、中学校近くの路上で起きた。容疑者は、モスクワ生まれの18歳のチェチェン人で、幼少時からフランスに在住。事件直後に被害者の写真をツイッターに投稿し、「アラー(神)の敵を討つ」と書き込んでいた。射殺される直前には「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだという。治安当局は男を、軽犯罪を繰り返す人物として把握していたが、イスラム過激派とは認識していなかった。

 マクロン大統領は現場を訪れ、「教諭は、典型的なイスラム過激派の犠牲になった」と事件を非難した。

 パリでは9月25日、ムハンマドの風刺画を掲載した風刺週刊紙「シャルリーエブド」の旧本社前で、2人が刃物で襲撃される事件があったばかり。実行犯の男はパキスタン出身で、風刺画の掲載に怒って事件を起こしたと供述している。【パリ久野華代】

毎日新聞

国際

国際一覧>

注目の情報