中国湖北省の死者1310人、感染者4万8206人 計算方法変更で増加

2020/02/13 11:29 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が集中する中国湖北省の衛生当局は13日、肺炎の死者、感染者数の計算方法を変更し、従来の検査キットによる確認に加え、「臨床診断を含めた」感染者数を発表した。二つの確認方法を合わせて、同省の死者は前日比242人増の1310人、感染者は同1万4840人増の4万8206人になった。

 従来通り検査キットにより感染が確認された同省の死者は前日比107人増、感染者は同1508人増で、増え方はほぼ横ばいだった。一方で、新たな臨床診断による感染確認方法で死者135人、感染者1万3332人が増えた。

 臨床診断による確認を始めた理由について衛生当局は、「早期に確認することで治療効率を高めるため」と説明している。ただ、具体的な診断方法は示されていない。【北京・浦松丈二】

毎日新聞

国際

国際一覧>

注目の情報