日中外務次官が戦略対話 「第5の政治文書」など議論か

2020/01/14 22:26 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋葉剛男外務次官は14日、訪問中の中国・西安市で楽玉成筆頭外務次官と日中戦略対話を行った。今春の習近平国家主席の国賓訪日に向け、1972年の日中共同声明など四つの基本文書に続く「第5の政治文書」に関する議論や、沖縄県・尖閣諸島沖での中国公船の領海侵入や中国による邦人拘束について意見交換したとみられる。北朝鮮の非核化を巡る協力も確認した。

 日中戦略対話は昨年8月に長野県軽井沢町で約7年ぶりに開いて以来。秋葉氏は15日には北京で王毅外相と面談する。【田所柳子】

毎日新聞

国際

国際一覧>

注目の情報