大阪G20で米露首脳会談 新戦略兵器削減条約、ベネズエラ、イランなど議題に

2019/05/14 10:42 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は13日、6月に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて、プーチン露大統領と会談すると表明した。ホワイトハウスで記者団に語った。政治混乱の続くベネズエラ情勢や新戦略兵器削減条約(新START)延長問題、イラン核問題などが議題になる見通し。

 トランプ氏は記者団に「ロシアとの良好な関係を持つことは理にかなっている」と主張。「ロシア疑惑」捜査が終結したこともあり、改めて対露関係改善に意欲をみせた。両首脳は昨年11~12月のブエノスアイレスG20サミットで会談する予定だったが、直前に発生した露当局によるウクライナ艦船拿捕(だほ)を理由にキャンセルされ、非公式な接触のみにとどまった経緯がある。

毎日新聞

国際

国際一覧>

注目の情報