古田愛理、初の一日消防署長に真剣なまなざし「日頃の心構えが大切」

2023/01/26 10:14 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日消防署長に就任した古田愛理 (C)ORICON NewS inc.

 モデルで俳優の古田愛理が26日、金町一日消防署長に就任し、東京・柴又帝釈天で行われた『文化財防火デー消防実習』イベントに登場した。

【写真】「放水、はじめ!」指揮棒を高く上げた古田愛理

 映画『男はつらいよ』の舞台でおなじみの同所は、東京都選定歴史的建造物に指定されるなど、東京を紹介する上で欠かせない名所のひとつ。一日消防署長に就任した古田は、嘱託された指揮棒を手に「放水、はじめ!」と一斉放水演習を指揮し、集まった観客へ防火を呼びかけた。

 訓練が終わり、古田ははじめに「消防演習、ご苦労様でした」と隊員をねぎらった。制服を着た感想について「お仕事で制服を着させていただくことはありますが、きょうは本物の制服で身の引き締まる思いです」と語り、「はじめてこの役をやらせていただきまして、非常に貴重な、そして有意義な経験をさせていただきました」と感謝した。

 演習に臨んだ隊員たちには「的確な行動、真剣な眼差しに大変感動しました。このようにして私たちの生活を守っていただいているんだと、改めて感謝の思いを胸にしました。安心して暮らせているのは消防署のみなさんのたゆまぬ努力と訓練のおかげ」と伝えた。

 最後に「1人ひとりの防災意識や日頃の心構えが大切」とし、「私も今回の経験を活かし、防災について考えていきたいと思います」と消防署長として訴えた。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報