和楽器バンド・鈴華ゆう子、第1子女児を出産 夫のいぶくろ聖志が報告 長期入院・緊急手術を乗…

2022/11/25 20:11 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和楽器バンド・鈴華ゆう子(センター)

 和楽器バンドの箏担当・いぶくろ聖志(38)が25日、自身の「note」を更新し、妻のボーカル・鈴華ゆう子(年齢非公表)が、24日に第1子となる女児を出産したことを報告した。

【写真】鈴華ゆう子の夫・いぶくろ聖志

 いぶくろは、25日付けの「note」で「鈴華ゆう子出産のご報告」と題して投稿。「9月19日より体調不良にて入院しておりました鈴華ゆう子ですが、11月23日深夜に体調が急変し、24日の朝7時に医師と相談をさせてもらい予定日より早い段階ではありましたが、緊急手術という判断をしました」と説明した上で、「11月24日の昼過ぎには第一子の女の子を出産することができました」と公表した。

 「現在は母子共に集中治療室での経過観察中」とし、「ご心配をくださった皆様に出産までは辿り着けたことをご報告させて頂きます」とつづった。

 さらに、「現在までコロナ禍による面会も出来ない2ヶ月以上の期間でしたので、親子3人で一緒にのんびりと時間を過ごせる日が早く実現できるよう楽しみにしているような状況です」と心境を記し、「ゆう子さんはもう暫くは医師と相談もしながらリバビリ期間として療養、体力の回復に専念する予定となっています」と伝えた。

 最後に「改めて、皆様からの支えがあってこそ無事に出産を迎えることが出来ました。沢山の励ましのお言葉、ありがとうございました」と感謝を込めた。

 いぶくろと鈴華は、2020年3月に結婚していたことを今年8月に発表し、同時に鈴華が第1子妊娠中だと明かした。その後、9月18日の和楽器バンドの公演中、鈴華が体調不良となり、一時は集中治療室にも入院。10月5日には、バンドの公式サイトを通じて「現状では長期入院の可能性があると言われており、正常の数値ではないものの体調は母子共に安定しています」などと伝えていた。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報