豆柴の大群「カエデ・フェニックス」グループ脱退&WACK退社へ クロちゃんお気に入りメンバ…

2022/11/25 19:19 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豆柴の大群(カエデ・フェニックスは中央)

 TBSテレビのバラエティー番組『水曜日のダウンタウン』の企画で誕生したアイドルグループ・豆柴の大群のカエデ・フェニックス(24)が、グループから脱退、所属事務所のWACKから退所することが25日、発表された。12月17日のコンサートが最後の活動となる。

【ピン写真】クロちゃんのお気に入りメンバー・カエデフェニックス

 同番組内企画「MONSTER IDOL」から誕生した豆柴の大群は、安田大サーカスのクロちゃんがアドバイザーを務めるアイドルグループ。カエデはクロちゃんから気に入られすぎたために一度は落選するものの、ファンの支持により見事に復活を果たし、その不死鳥ぶりからフェニックスという名前がついた。

 グループは現在、新メンバー追加オーディションやCD売上枚数でメンバー間の順位が発表される「MUST CHANGE PROJECT」が進行中で、12月17日のコンサートが現体制のラストコンサートの予定だった。

 カエデは公式サイトでコメントを発表。脱退について「グループ全体が大きく変わろうとしている中、自分がこれからも豆柴の大群としてステージに立ち続けていくことに自信が持てなくなってしまいました」と心境を明かし、「応援してくれた方の期待を裏切る決断をしてしまい申し訳ありません」と謝罪した。

 これまでの活動を振り返り、「私を豆柴の大群に導いてくれた渡辺さんやクロちゃん、支えてくれたスタッフの皆さんや関係者の皆さん、たくさんの時間や感情を共有したメンバー、そしていつも愛をくれた豆粒、本当にありがとうございました」と感謝し、「これまでの幸せな出会いと経験を糧にこれからは別の道で頑張っていきます」と芸能とは別の道に進むことを示唆した。

 「MUST CHANGE PROJECT」には最後まで参加することを明言し、「豆柴の大群の目標は東京ドームでライブをすることです。これから新メンバーを迎え、進化していく豆柴の大群ならきっと叶えられるはずです。私はステージではなく客席からになってしまいますが、その景色の一部になれる日が楽しみです」と、グループの未来に思いをはせた。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報