霜降り明星せいや、親友・ジェシーと演技バトル 友情出演も対立する役「思ってたのと真逆でした…

2022/11/25 18:12 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『最初はパー』で共演する(左から)ジェシー、せいや(C)テレビ朝日

 お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが、12月2日放送のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠『最初はパー』(毎週金曜 後11:15)の第6話に出演することが決定した。

【動画】作中でシュールな合コンネタを披露する賀喜遥香

 ジェシーが、地上波連ドラ単独初主演を飾る本作。何をやっても中途半端な政治家の息子・利根川豪太(ジェシー)が、ひょんなことからお笑い養成所に入学し、そこで出会ったコワモテの生徒・澤村銀平(市川猿之助)や鬼講師・相田忠則(小籔千豊)らと、時にぶつかり、時に励まし合いながら、プロの芸人を目指して奮闘する。

 ジェシーがプライベートでも大の仲良しというせいやに熱烈ラブコールを送り、せいやのドラマ出演が実現。ジェシー自ら脚本を手掛ける秋元康氏にも打診したそうで、親友2人が共演をはたすこととなった。

 せいやが演じることになったのは、芸人ではなく、野々村明という市役所の職員。しかも、何やら野々村は豪太と対立することになりそうな予感。ジェシーVSせいや、親友2人の芝居バトルの行方に注目したい。

■せいや(野々村役)コメント
――第6話にゲスト出演が決まった際の気持ちは?
最近、宅飲みとかお店での共演ばっかりだったので、仕事でジェシーと一緒になるのは久しぶりなんです。今回ドラマに呼んでもらってめっちゃうれしかったんですけど、友情出演ってほんまにあるねんなと思いました(笑)。友情出演ってよくあるけど、ほんまにただの友だちでしかない…友情出演すぎてビックリしました。飲みながらふざけて「せいちゃん出てよ」みたいなことを言ってたんですけど、ジェシーがほんまに頼んでくれたんやと思います。お話をいただいてビビりましたね。やっぱすげえな、ジェシー!って思いました。

――出演が決まってから、ジェシーさんとはどんな話を?
ジェシーとは日頃から連絡を取り合っているので、「ドラマ見てるよ」というようなやり取りはしていました。オンエアの後にも、「『ドンドンドンドンドン引き了解!』オモロ過ぎ!」とか。逐一連絡は取っていたんですけど、その流れで「マジで話が来たわ!」みたいな(笑)。ジェシーも恩きせがましいところが一切なくて、「あははは。やったね!」みたいな。なんかアメリカンなヤツなんです(笑)。ハリウッドで撮影してんのかな、みたいなノリで…ほんまにマーベルなんかもと思いました(笑)。

――ジェシーさんとの撮影を終えた感想や、注目ポイントを教えてください。
芸人のドラマなので、勝手に小籔さんが演じる相田先生が呼んだ“助っ人講師”みたいな役を想像してたんですよ。授業中に、「今日来てもらった漫才コンビです」って紹介されて、「はい、どうもー!」って出てくるみたいな。そしたら、野々村という市役所の福祉担当みたいな役でした。しかもめっちゃ嫌なヤツで、なんか思ってたのと真逆でした(笑)。ビックリしましたけど、逆にそれが新鮮でしたね。
あと、こんなにCGやと思いませんでした!こんな感じで撮るんや!ってマジでビックリしました。澤村さんの娘さんと会話するシーンがあったんですけど…僕、ほんまにずっと筒としゃべってたんですよ(笑)。もうちょっと、例えば人形みたいなんとかなかったんですかね(笑)? トイレットペーパーの芯みたいなんに向かって、ずっと「ハンバーグは好き?」とかしゃべってました(笑)。
しかも、野々村は豪太とちょっと敵対する感じになります。ジェシーとは友達なんですけど、ドラマではちょっとバトルっぽいシーンで共演していますので、ぜひそこにも注目してほしいですね。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報