伊藤沙莉『山路ふみ子映画賞』女優賞に喜び「もっともっと新しい伊藤沙莉を」

2022/11/25 18:05 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『山路ふみ子映画賞』女優賞に喜びの思いを語った伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の伊藤沙莉(28)が『第45回山路ふみ子映画賞』で女優賞を受賞し25日、都内で行われた贈呈式に参加した。

【全身ショット】シック!オールブラックのロング丈コーデで登場した伊藤沙莉

 伊藤は『ちょっと思い出しただけ』に主演したほか、『ボクたちはみんな大人になれなかった』、『月の満ち欠け』(12月2日公開)にも出演。伊藤は「このようなステキなすばらしい賞をいただきまして、本当に心から、ありがとうございます」と話した。「『ちょっと思い出しただけ』と『ボクたちはみんな大人になれなかった』は私の中で確実に自分の代表作と呼べる作品になるのではないかと思っている心から特別な作品です。その作品を通して、こういったありがたい賞をいただけたことを心から幸福に思っています」としみじみ。

 「これからも、自分のやれることをもっともっと追求して可能性を疑わずに、自分の周りを信じて、日々感謝を忘れることなく、これからももっともっと新しい何かや、新しい伊藤沙莉をお届けできるように一生懸命、精いっぱい頑張っていきたいと思います」と力を込めてスピーチを締めくくっていた。

 同賞は、山路ふみ子文化財団が「映画人の育成、功績を称える」ことを目的として1977年より授与を開始。近年では『すばらしき世界』(21年、西川美和監督)や『蜜蜂と遠雷』(20年、石川慶監督)が日本アカデミー賞の各部門で優秀賞を受賞、『寝ても覚めても』(18年、濱口竜介監督)がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門へ正式出品されるなど、その年を代表する作品が受賞している。今年度の各映画賞での評価にも影響を与えそうだ。

 なお、今回の作品賞にあたる山路ふみ子映画賞は田中裕子が主演する映画『千夜、一夜』の久保田直監督が受賞した。

■「第45回山路ふみ子映画賞」受賞者

山路ふみ子映画賞:久保田直
山路ふみ子映画功労賞(第44回):香川京子
山路ふみ子福祉賞(第36回):平塚千穂子
山路ふみ子文化賞(第37回):湯浅政明
山路ふみ子女優賞(第35回):伊藤沙莉、吉岡里帆
山路ふみ子新人女優賞(第33回):嵐莉菜
山路ふみ子文化財団特別賞(第36回):近藤明男
受賞記念上映映画:久保田直監督作品『千夜、一夜』
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報