Sexy Zone、念願の“初ドーム”を語る 蜷川実花氏撮影で“セクシー”を体現

2022/11/25 18:09 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『AERA』2022年12月5日増大号表紙を飾るSexy Zone

 人気グループ・Sexy Zoneが、28日発売の『AERA』12月5日増大号(朝日新聞出版)の表紙とインタビューに登場する。12月に初ドームツアー『セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト』を開催する4人が、思いを語り合う。

【写真】中島健人がついに「列車と融合」!“ケンティースカイライナー”

 デビューから11年、念願のドーム公演について、「一人一人の活躍がドームに結実した」(菊池風磨)、「応援し続けてくれたファンのみんなも褒めてあげたい」(中島健人)、「心を解放して熱い思いを届けたい」(佐藤勝利)、「会場が大きくなっても近くに行きたい」(松島聡)と、それぞれが力を込める。

同号では、このドームツアーで「第2章」が始まるという4人の「今」が詰まったインタビューをはじめ、表紙とグラビアの撮影は蜷川実花氏が担当し、“セクシー”を体現した写真の数々が掲載されている。

 そのほか、巻頭特集は「今すぐできる家計防衛」。物価高が足元に及ぶなかでどう家計を守ればいいのか初心者も今すぐできるノウハウをわかりやすく紹介する。また、歴史的勝利となったサッカーW杯のドイツ戦の現地レポートや、ドラマ『silent』の人気の秘密を独自分析した記事も掲載。連載「松下洸平 じゅうにんといろ」では、前号に引き続きゲストに川谷絵音を迎え、音楽について語り合う。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報