『初恋の悪魔』キャスト陣がクランクアップ 感謝の思いを伝える【コメントあり】

2022/09/24 07:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連続ドラマ『初恋の悪魔』キャスト陣がクランクアップ(C)日本テレビ

 俳優の林遣都と仲野太賀がW主演する、日本テレビ系連続ドラマ『初恋の悪魔』(毎週土曜 後10:00)の最終話が24日に放送される。このほど、林と太賀、松岡茉優と柄本佑がクランクアップを迎えた。

【全身ショット】『初恋の悪魔』に出演する菅生新樹

 同作は、映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『Mother』『Woman』などの人気脚本家・坂元裕二氏が送る小洒落(こじゃれ)てこじれたミステリアスコメディー。境川警察署に勤務し、現在は停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)、総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡)、会計課・小鳥琉夏(柄本)、部署もバラバラで捜査権を持たない“ワケあり”4人が、それぞれこじれた事情を抱えながら刑事とは違った感性と推理で難事件を解決する。

 W主演、そして、日テレ系ドラマ初主演の2人が同時にクランクアップ。仲野は、役の流れでパジャマ姿のままあいさつし「皆さま、お疲れ様でした。約3ヶ月あっという間に過ぎて、本当に楽しかったです。最高のスタッフと、最高のキャストが、信頼し合って作れたことが幸せでした。僕の俳優人生を変えてくれた作品があって、『ゆとりですがなにか』(2016年)なのですが、水田監督をはじめ、今回はその時のスタッフがたくさんいて、少しでも成長している姿を見せられたらと臨めたことも、恵まれているなと思いました」と感謝の思いを伝えた。

 続けて「僕は、この時間帯の連続ドラマの主演は初めてだったので、知っている皆さんがいる温かい現場で主演を務められたこと、とても幸せに思っています。共演者の皆さんについては、同時代にこんなに最高な役者がいることがうれしいし、これからの未来も楽しみだなと思えました。特に(林)遣都君は、デビュー作が一緒で、遣都君がいなかったら、この世界にいないし、僕の初めての俳優仲間で、そんな遣都君と2人で主演を務めるというのは、夢のようなすてきな時間でしたし、お互いがくたばるまで、切磋琢磨できたらいいなと思いました。皆さん、本当に短い時間でしたが、最高に幸せでした!眠る時間がない日もあったと思います。ヘロヘロだと思います。ゆっくり休んでください。ありがとうございました!お疲れ様でした!」と呼びかけた。

 林は「太賀のスピーチがすばらしすぎて(笑)。きょうも最後に楽しいシーンが待っていると思いながら現場に入りましたが、まだまだずっと続けていたかったなという思いでいっぱいです。この物語、作品、鹿浜鈴之介にお別れするのがさみしいです。スタッフの皆さんは、僕たちの知らないところで大変な苦労もあったと思いますが、現場はいつも活気に満ちていて、意気込みにあふれていて、僕もこの現場に立つ以上、全身全霊で臨まなくては、という思いにさせていただきました。作品に集中して、気持ちを込めて、のびのびと演じさせていただけたことを心から感謝しています。幸せな3ヶ月でした!ずっと記憶に残る、一生誇れる作品に出会えたと思っています。ありがとうございました!」とコメントし、温かい雰囲気に包まれた。

 主演の2人と同じ日の1シーン後に、摘木星砂役を務めた松岡もクランクアップを迎えた。長めのシーンであったが、松岡のクランクアップを待って現場に残っていた林、仲野が見守る中、松岡は「ありがとうございました!みんなのことが大好きだから、私、26話までいけるよと言っていたのですが、10話で終わりました(笑)。クランクインから、毎日、毎日、役だけに集中していいんだよ、と言ってもらっているような気持ちにさせていただいて、余計な事は考えずに、健やかに、伸び伸びと演じられました。素敵な光を、素敵な音を、素敵な映像を、すてきな演出を、ありがとうございました。毎日フルスイングができました!楽しかったです。また会いましょう!さようならー!(一同大拍手)。あ、すてきなセットを!ありがとうございました!(一同笑)」とコメント。

 3人より一足早くクランクアップを迎えた柄本は、「お疲れ様でした!今、改めて、会計課職員と言われて、会計課から離れすぎていたので、私、会計課だったのだなと思ってしまいました(笑)。本当に、いい4人組で、いいスタッフで、いい現場の空気で、楽しくのびのびと演じさせていただきました。皆さん、次はスペシャルで、『初恋の悪魔』大爆発編でお会いしましょう!お疲れ様でした!それまでお元気で!」と呼びかけ、その後、4人で楽しく記念撮影。チームワークの良さを感じさせる場面であった。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報