板垣瑞生&原菜乃華、美 少年・浮所飛貴の恋のライバル&元カノ役に起用

2021/01/14 07:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『胸が鳴るのは君のせい』に出演する板垣瑞生、原菜乃華 (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 俳優の板垣瑞生と女優の原菜乃華が、映画『胸が鳴るのは君のせい』(来年6月4日公開)に出演することが14日、わかった。ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の浮所飛貴の映画初主演作で、板垣は主人公・有馬(浮所)の中学時代の同級生であり、いつも女子に囲まれているモデル風イケメン・長谷部泰広、そして原は泰広のいとこであり有馬の元カノ、お嬢様女子高に通う美少女・長谷部麻友としてそれぞれ起用された。

【動画】甘酸っぱくも切ない…『胸が鳴るのは君のせい』特報映像

 今作は累計発行部数250万部突破の同名少女コミック(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。転校生の有馬と、有馬を想い続けるつかさ(白石聖)による、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 板垣が演じる泰広、最初は面白半分でつかさをちゃかしていたが、有馬を一途に想い続けるつかさの姿に徐々に惹かれていくという役どころ。つかさに対するまさかの恋心にもどかしい想いを抱える長谷部と、つかさを気に掛ける有馬との間でバトルがぼっ発…!? 原作でも人気のキャラクターを繊細に表現する。

 一方、原が演じるのは有馬の転校を機に別れてしまったが、いとこの泰広が有馬と同じ高校と知ったことで有馬に対する思いが再燃してしまう麻友。同じく有馬に思いを寄せるつかさと、有馬をめぐってバチバチな関係に…。熱い想いを秘めた美少女という役柄に挑戦。浮所、白石、板垣、原というフレッシュな面々が、まぶしくもほろ苦い恋の四角関係をみずみずしく描き出す。

 板垣は「恋愛青春映画なので、キュンとするようなシーンがたくさん詰まっていますが、それと同時に、高校生のリアルな部分だったり、人を好きになることやその辛さもちゃんと描かれている作品です」とその魅力を紹介。原も「とてもキュンキュンできる作品で、恋愛に対して怖がらずに前向きになれる作品だと思います」とアピールしている。

■キャストコメント

<板垣瑞生>
長谷部はいじわるでチャラくて一見嫌な男にみられがちですが、心に抱えた闇、明るさ、チャーミングさ、素直さ、多面的な魅力があります。普段はチャラいのにいざ正面から向き合った時のピュアさは長谷部のかわいいところだと思いますし、真正面から生きられない長谷部の“弱さ”みたいなことも観て下さる方々に伝わったらいいなと思います。恋愛青春映画なので、キュンとするようなシーンがたくさん詰まっていますが、それと同時に、高校生のリアルな部分だったり、人を好きになることやその辛さもちゃんと描かれている作品です。ストーリーを楽しんでいただくのはもちろん、ぜひ、我らが座長の浮所飛貴を映画館に観に行ってください。本当にかっこよくてすてきなので、ぜひよろしくお願いします!

<原菜乃華>
キラキラした少女漫画原作映画に出演するのが一つの目標だったので、今回この願いが叶って麻友を演じられて、すごくうれしかったです。麻友を演じるにあたって、一途に恋をしている女の子であることを忘れないよう意識して現場に入ろうと思い、恋愛ものの作品をヒロインのライバルの目線から見返しました。ライバルの女の子も、ちょっといじわるに見えてしまうだけで純粋に相手のことを思っているんだと気付いて、麻友の見方もちょっと変わりましたし、麻友も恋する気持ちはつかさと変わらないので、そこは無くさないようにしようと思いました。とてもキュンキュンできる作品で、恋愛に対して怖がらずに前向きになれる作品だと思います。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報