犬夜叉×ジャニーズ「6」の系譜話題 V6→SixTONESがOP担当で関係性「エモい」

2020/09/17 12:21 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビアニメ『半妖の夜叉姫』のキービジュアル (C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 人気グループ・SixTONESが、人気アニメ『犬夜叉』の新たな物語を描くテレビアニメ『半妖の夜叉姫』のオープニングテーマを担当することが17日、発表された。2000年に放送された『犬夜叉』の初代オープニングテーマは、同じジャニーズ事務所所属のV6が担当しており、グループ名に「6」繋がり、さらに曲タイトルも似たような感じで、共通点があることからネット上で話題に。また、アニメは殺生丸と犬夜叉の娘たちの物語で、キャッチコピーに「運命は次の世代に託された」とあることから「「V6が世界を変えてSixTONESが新しい時代なの最高すぎて」「歴史のつながりを見てるみたい」などの声があがっている。

【写真】これぞ新時代!OPを担当する『犬夜叉』好きなSixTONES

 もはや説明不要だが各グループの構成は、V6は坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、SixTONESは高地優吾(※高ははしごだか)、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の6人グループ。グループ名も「V6」「SixTONES」と『6』が含まれていることから、今回の発表に「犬夜叉のV6さんの始まりから考えると…6繋がり??的な所もあり(短絡的な)感慨深いものが」「V6さんからSixTONESって6繋がりだね」「V6さんから受け継げるっていうのがなんか6つながりですごくうれしいよね」「同じ6人組ジャニーズグループがやるってヤバい!」などと反応した。

 また、V6が2000年に歌った『犬夜叉』の曲タイトルは「CHANGE THE WORLD」、SixTONESが歌う『半妖の夜叉姫』の曲タイトルは「NEW ERA」で、タイトル名に似たような印象を受けたことから「V6の『CHANGE THE WORLD』からのSixTONESの『NEW ERA』は激エモ案件すぎる」「V6さんの『CHANGE THE WORLD』からのSixTONESの『NEW ERA』(世界を変えて→新しい時代)って時代の移り変わり感ヤバい!」「CHANGE THE WORLDした結果のNEW ERAと考えると胸熱」「V6が世界を変えてSixTONESが新しい時代なの最高すぎて」「歴史のつながりを見てるみたい」と歓喜。

 さらに、SixTONESが昨年開催した単独コンサートが『CHANGE THE ERA ―201ix―』で、今回の新曲にV6の曲タイトル名も含まれていることから「2つを合わせると一昨年の単独コンサートのタイトル『CHANGE THE ERA』になるとは…」「犬夜叉→夜叉姫と同じように主題歌もV6→SixTONESって世代交代してるの胸熱すぎるよ」「犬夜叉を通して繋がるV6とSixTONESなかなかにエモくて、すっごく良いな~!」「SixTONESもV6のように愛されるグループになってほしいな」などの声があがっている。

 また、きょう日本テレビで放送された朝の情報番組『ZIP!』にVTR出演したSixTONESの京本は「(当時)犬夜叉をリアルタイムで見ていて、V6のCHANGE THE WORLDがとてもすてきで」「初めてCDを買ってほしいと親に頼んで」「(今回のOP担当に)とても縁深く感じております」と熱く語っていた。

 『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、妖怪退治をしては退治した獲物(妖怪の首や牙や身体)を取引している賞金稼ぎで、かごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語が展開される。アニメは10月3日午後5時30分から読売テレビ・日本テレビ系で放送開始。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報