『攻殻機動隊 SAC_2045』来春Netflixで全世界独占配信 ティザー映像解禁

2019/10/23 12:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公開された『攻殻機動隊 SAC_2045』のメインビジュアル(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

 『攻殻機動隊』シリーズ初となるフル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』が、Netflixで2020年春に全世界独占配信されることが決定した。あわせてティザー映像とメインビジュアルが解禁。23日、都内で行われた『Netflixアニメラインナップ発表会2019-2020』内で発表された。

【動画】『攻殻機動隊 SAC_2045』ティザー映像

 同作は、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身サイボーグの主人公・草薙素子率いる組織・攻殻機動隊の姿を描いた物語。公開されたティザー映像では、草薙素子(CV:田中敦子)が躍動している。

 1989年に士郎正宗氏が発表した漫画を原作にしたもので、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治氏と、荒牧伸志氏によるダブル監督。アクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術を導入した演出と3DCGによるフォトリアルなビジュアルで新しい物語を描く。

 また、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品で、Netflixにて2020年春に全世界独占配信される。


ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報