小林直己が出演、映画『アースクエイクバード』予告編&キービジュアル解禁

2019/10/11 09:51 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リドリー・スコット製作総指揮、Netflix映画『アースクエイクバード』(11月15日世界同時配信)キービジュアル

 リドリー・スコット製作総指揮、Netflix映画『アースクエイクバード』(11月15日、世界同時配信)の予告編とキービジュアルが解禁された。本作は、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、小林直己(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ライリー・キーオらの出演で、東京を舞台に繰り広げられるサスペンス・ミステリー。愛、裏切り、執着…3人の男女に何が起きたのか!?

【動画】映画『アースクエイクバード』予告編

 『第32回東京国際映画祭』(10月28日〜11月5日)に特別招待作品として出品され、アリシア、小林、ウォッシュ・ウェストモアランド監督が参加することが発
表されている本作。2001年にミステリー小説界において権威のある賞の1つ、英国推理作家協会賞の最優秀新人賞を受賞したイギリス人作家スザンヌ・ジョーンズの同名ミステリー小説を映画化したもので、自身の日本在住経験を生かした内容となっている。

 舞台は東京。日本に住む外国人女性リリー (ライリー・キーオ)が行方不明になり、死体となって発見される。友人であったルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)に容疑がかけられるが、この2人の女性の間にはミステリアスな日本人カメラマン禎司(テイジ)の存在が。

 予告編では、ルーシーと生前のリリーが一緒に過ごす姿が映し出される。異国で暮らす外国人女性という共通点以外は、地味な印象のリリーと対照的に派手な印象のルーシーは一見、気が合いそうには見えないが、来日してわずか3ヶ月のルーシーはリリーに悩みを相談したり、かなり慕っているよう。しかし、ルーシーがリリーに自身の恋人・禎司(小林直己)を紹介すると2人の仲は急接近。愛、裏切り、執着…さまざまな感情が渦巻く中、リリーは行方不明になってしまう。一体、誰がリリーを殺したのか? 女性の揺れ動く心理を繊細な描写で描いたサスペンス・ミステリーで描かれる結末はいかに?

 併せて解禁されたキービジュアルには、ルーシー、リリー、禎司がカメラのファインダーの中からこちらを見ており「目を背けていれば、知らずに済んだのに」という意味深なコピーが入っている。知ってしまった真実とは何なのか!?


ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報