矢沢永吉、70歳1発目ライブは43年ぶり日比谷野音

2019/07/12 10:09 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャロル解散翌年以来43年ぶりに日比谷野外音楽堂公演を行う矢沢永吉

 ロックシンガーの矢沢永吉(69)が、10月12日に東京・日比谷野外大音楽堂で「EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE『THE STAR IN HIBIYA 2019』」を開催することが決定した。同所でのライブは1976年以来、実に43年ぶり。9月14日に70歳の誕生日を迎える矢沢は、自身がボーカルを務めていた伝説のバンド、キャロルの解散ライブが行われた思い入れの深い場所で古希1発目のライブを行う。

【写真】1976年開催『ザ・スター・イン・ヒビヤ』記録写真

 キャロルは1975年4月に日比谷野音で解散し、矢沢は同年9月にソロデビュー。76年7月24日に約1年ぶりの野音凱旋ライブ『ザ・スター・イン・ヒビヤ』を開催し、このライブの成功によってソロシンガーとして、“スーパースター・矢沢永吉”を強く印象づけた。

 『THE STAR IN HIBIYA 2019』は無料招待ライブとして開催。9月4日に発売される7年ぶりのニューアルバム『いつか、その日が来る日まで...』購入者を対象とし、アルバム全商品に封入されるシリアルナンバーによる応募抽選で招待される。

 きょう12日からは、ニューアルバム収録の新曲「魅せてくれ」を主要音楽ストリーミングサービスで配信開始する。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報