小手伸也、日曜劇場初出演で福山雅治を追い詰める?「あまり面白くなり過ぎないように…」

2019/03/16 09:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『日曜劇場 集団左遷!!』に出演する小手伸也 (C)TBS

 俳優の小手伸也が4月21日よりスタートするTBS系連続ドラマ『日曜劇場 集団左遷!!』(毎週日曜 後9:00※初回85分スペシャル)に出演することがわかった。同枠初出演となる小手が演じるのは三友銀行検査部次長・鮫島正義役。主人公で銀行マンの片岡洋(福山雅治)が勤務する蒲田支店を厳しく検査する鮫島は、あらぬ疑いをかけ、片岡支店長ら蒲田支店の行員を執拗に追い込む役どころに挑戦する。

【写真】神木隆之介がダメ社員?『集団左遷‼』相関図

 同ドラマは、福山演じる50歳目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋とリストラ寸前の銀行員たちが協力して大逆転に挑むという、サラリーマンの悲哀と笑いが巻き起こす下克上ストーリー。決して強くはないごく普通のサラリーマンが、仲間たちと力を合わせて「銀行」という巨大組織の理不尽に対し果敢に立ち向かっていく姿をコミカルかつユーモラスに、そして時にはエネルギッシュに描いていく。

 昨年、話題作に立て続けに出演し、そのアクの強い芝居と独特な存在感で44歳にしてブレイク。“遅咲き中年の星”と称される小手が、初共演となる福山相手にどのようなクセのある演技を披露するのか。また、福山演じる“諦めない”支店長・片岡は、鮫島のしつこい嫌がらせを耐え凌ぐことはできるのか。2人のバトルにも注目だ。

 小手は「今回、福山さんをはじめとする超実力派集団の中に放り込まれ、かなり緊張しているうえに、『日曜劇場』に呼んでいただけたことが非常にうれしく、日々気合いと共に撮影に臨んでおります!」とやる気十分。鮫島は本部サイドの人間で、福山さたちからすれば敵にあたる存在。「基本的に“圧”がすごいキャラです。その上独特な節回しの喋り方をするので(あくまで監督のオーダーです!)、あまり面白くなり過ぎないように気を付けてます(笑)」と演じる上でのこだわりも。

 「ちなみに僕の中では勝手に『元柔道部の体育会あがり』の設定で、必殺の間合いがあってそこに踏み込めば確実に投げ飛ばされるみたいな、とにかく怖くて冷酷な仕事人です。・・・なのでNGを出すと雰囲気がぶち壊しになります(笑)。気を付けたいです。気を付けます! 俳優界の大先輩の方々の胸をお借りするつもりで、全力でぶつからせていただきます! よろしくお願いいたします! 頑張ります!!」と気を引き締めつつ、意気込みを語っている。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報