ロッチ中岡、指笛が鳴る人気ぶり 『映画ドラえもん』試写会で子どもから声援

2019/02/11 15:43 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』完成披露試写会に登壇したロッチ・中岡創一 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ロッチの中岡創一が11日、都内で開催された『映画ドラえもん のび太の月面探査記』完成披露試写会に登壇。『映画ドラえもん』に声優として初参加した中岡が「普段は体を張って痛いだの、冷たいだの言ってますが、今回は『映画ドラえもん』の声優として、頑張りました」とあいさつすると、客席から「ピューイッ!」と指笛が鳴るほど、親子連れに大人気だった。

【画像】ドラえもんたちも登場した試写会の模様

 試写会が始まる前も、「中岡出てくるかな」と楽しみにしている子どもたちの声が耳に入ってきたほど。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などのバラエティー番組での活躍が浸透していることが如実に現れていた。

 今回の『映画ドラえもん』は、シリーズ39作目。直木賞作家の辻村深月氏がオリジナル脚本を手がけた。人類にとって身近でありながらなかなか行くことができない場所・月を舞台に、ドラえもんたちが大冒険を繰り広げる。

 物語の中でドラえもんたちと対峙することになる敵の兵士キャンサーの声を担当した中岡は「僕も小さい頃、客席に座って観ていたなと思うと、感想が楽しみです。映画は心から楽しめました。面白いし、友情とか、想像力とか、大事な要素を自然と教えてもらえるいい映画」と絶賛していた。

 完成披露試写会には、脚本の辻村氏、月に住む謎の美少女ルナ役の広瀬アリス、ドラえもんたちと対峙することになる敵の隊長・ゴダート役の柳楽優弥、ゴダートの部下・クラブ役の高橋茂雄(サバンナ)、八鍬新之介監督、ドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫も大集合した。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報