「日向坂46」電撃改名にメンバー大興奮 齊藤京子は夢実現で「命賭けて頑張る」

2019/02/11 15:11 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

けやき坂46改めグループ名が「日向坂46」となることがサプライズ発表され驚くメンバーたち (C)ORICON NewS inc.

 欅坂46の後輩グループ・けやき坂46(通称ひらがなけやき)が11日、動画配信サービス「SHOWROOM」で生配信を行い、グループ名を「日向坂46」に改名することがサプライズで発表された。

【写真】けやき坂46改め「日向坂46」のメンバー

 会見形式で行われた配信は、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、佐々木久美、佐々木美玲、柿崎芽実の6人が登場。「5つの重大発表」が行われるとして、(1)3月27日に単独シングルデビュー、(2)デビューシングルと「メチャカリ」のタイアップ、(3)「デビューカウントダウンライブ」の開催、(4)単独オフィシャルサイトの開設、(5)デビューカウントダウンライブのチケット先行予約決定、が続々と発表された。

 すべての発表が終わったところで突然、スタッフからキャプテンの佐々木久美に手紙が渡される。よくない内容のサプライズ発表を警戒したメンバーたちは、悲鳴をあげながら戦々恐々。ここでVTRが流され、これまでのグループの活動が紹介され、その最後に「グループ名を日向坂46に改名」と告知されると、まったく知らなかったメンバーたちは驚きの絶叫をあげた。

 VTRが終了しても興奮が収まらない6人は「うれしい」「すごい」と大喜び。齊藤は、活動してきた3年間の中で「一番うれしい」と語り、公言していなかったが改名が夢だったことを告白した。サプライズで夢が実現し「マジでうれしいんだけど。命賭けて頑張ります」と意気込み。佐々木美玲も「3年間を無駄にしないで積み上げていってハッピーを届けていけたら」と涙を流しながら決意を新たにした。

 「坂道シリーズ」は、乃木坂46、欅坂46、吉本坂46に続いて4組目。なお、都内に「日向坂(ひなたざか)」は実在しないが、港区三田一丁目に「日向坂(ひゅうがざか)」は存在する。

 先輩グループである欅坂46も、オーディション時は「鳥居坂46」だったが、2015年8月に最終審査で合格者22人が決定した際、グループ名が「欅坂46」となることがサプライズで発表された経緯がある。

 現・欅坂46の長濱ねるを唯一のメンバーとし、2015年11月に結成されたけやき坂46。その後、追加メンバーが加入するも、長濱は欅坂46専任へ。そこに2期生が合流するなど、グループの形を大きく変えながら活動。18年に入ってからは武道館3days公演を成功させ、6月発売のデビューアルバム「走り出す瞬間」もCD&配信でオリコン2冠を達成し、昨年12月には3期生も加入。今最も勢いがあるグループと言われるまでに成長している。現在のメンバーは21人。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報