川口春奈、坂口健太郎は「ソファーで寝起きしている“寝落ち役者”」

2019/01/12 04:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テレビ系土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(1月19日スタート)主演の坂口健太郎と共演の川口春奈 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の坂口健太郎、女優の川口春奈が11日、都内で行われた日本テレビ系土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(19日スタート、毎週土曜 後10:00※初回拡大)の先行特別試写会に登壇。記者から昨年大みそかに出演した『ガキ使』ばりの暴露を期待された川口は、坂口の知られざる一面について「自宅ではソファーで寝起きして、ベッドに行けない “寝落ち役者”」と明かしていた。

【写真】先行特別試写会の模様

 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』(同局系)に、スケバンメイクで登場した川口は、ダウンタウンの浜田雅功を「激イタ芸人」や松本人志を「大スベリ親バカ芸人」と啖呵(たんか)を切って大反響を呼んだ。

 しかし、この日は新ドラマの試写会。それも、えん罪の犠牲となった弱き人々を救うため、現場で起きた事象を実験で再現し、事件の真相を解き明かす弁護士の主人公・黒川拓(坂口)たちの姿を描くヒューマン・リーガル・エンターテインメント。川口は、拓に振り回される新米弁護士・和倉楓を演じる。

 記者からの無茶振りに一生懸命、応えようとするも、なかなか思いつかなかった川口に、坂口から「自分で言うのもなんですけど、撮影中、自分が映っていない時はけっこう笑っています」と助け舟。しかし、「一回ツボにハマるとなかなか抜け出せなくて。NGというより、撮り直しになる。あっ、NGか」と続けて、坂口が笑いを取ってしまう。ようやく思いついたのが“寝落ち役者”だった。

 坂口は「法学部の学生の前で弁護士の役について語るというのは、緊張するな、と思っていた」が、学生たちから拍手や「第2話以降も見続けたい」といった意見を聞いて、安堵の表情。「自分の思いにも、他人の思いにも流されない存在の弁護士は、とてもエネルギーのいる仕事。法の力を感じているところです」と、手応えを語っていた。

 試写会には、弁護士の卵である法科大学院生約200人と、今年から裁判員裁判の対象になる新成人のインフルエンサーら60人が来場。ドラマの法律監修を担当する室谷光一郎弁護士も登壇した。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報