ビールからお茶の香り? 静岡・伊豆半島の醸造4社開発、味と香り競う 26日発売

2020/10/17 11:30 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビール飲めば伊豆の国にも茶の香り――。伊豆半島のクラフトビール醸造4社が静岡の県産茶を使ったビール造りに挑戦。26日から各社が一斉に売り出す。煎茶、抹茶、ほうじ茶、玄米茶。異なるお茶を素材にした茶ビール4種が競演する。

 新型コロナウイルスの影響で、ビールイベントも中止となり、飲む機会も減少した。ビール党の寂しい思いと喉を潤そうと、反射炉ビヤ(伊豆の国市)が共同企画を発案し、ベアードブルーイング(伊豆市)と沼津クラフト(沼津市)、リパブリュー(同)が二つ返事で賛同した。

 出来上がったビールの味わいは、それぞれ異なる。ベアードブルーイングは「おくひかり」の抹茶と煎茶2・5キロを使った「繊細なお茶の香りが発見できるビール」(重枝伸哉ブルワリー総括部長)。沼津クラフトは、ほうじ茶4キロを投入した「ほうじ茶の香ばしさとモルトが合ったビターなビール」(片岡哲也社長)。

 また、リパブリューは玄米茶10キロに麦汁を注いだ「スパイシーな玄米茶の香りのビール」(畑翔麻社長)。反射炉ビヤは「やぶきた」の煎茶14・5キロを使った「涼しい季節に飲みやすいまろやかなビール」(山田隼平醸造長)という。

 ビールは26日から各社で販売するほか、ネットショップ「グッドビア」で4種セットが購入できる。11月1日にベアードブルワリーガーデン修善寺(伊豆市大平)で開く収穫祭でも飲める。反射炉ビヤの山田醸造長は「飲み比べをして、各ビールの特徴を楽しんでほしい」と話している。【石川宏】

毎日新聞

経済

経済一覧>

注目の情報