ANA 日中の直行便、運休・減便を20日から拡大

2020/02/13 18:56 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全日本空輸(ANA)は13日、日本と中国を結ぶ直行便の運休を20日から拡大すると発表した。羽田―上海(虹橋)の週7往復を運休するほか、関西―北京、成田―青島、大連の3路線で計週21往復を11往復に減便する。

 武漢以外は通常運航していた2月6日時点では香港を含めて全日空の中国便は週186往復あったが、20日時点で週85往復まで減少することになる。

 また、ANAグループの格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションも既に運休中の羽田、関西―上海(浦東)に加え、17日から関西―香港の1日3往復を1往復に減便、沖縄―香港の1日1往復を運休する。両社とも運休、減便は3月28日までの予定。【石田宗久】

毎日新聞

経済

経済一覧>

注目の情報