プロ野球:T−岡田が2発6打点 オリックス

2018/06/14 00:01 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ○オリックス12−5広島●(13日・京セラドーム大阪)

 京セラドームに次々と打ち上げた打球。オリックスが4本のアーチで、セ・リーグ首位・広島を圧倒した。その中心で存在感を見せたのがT−岡田だ。2本の3ランで6打点を稼いだ。

 まずは3点を追う二回1死一、二塁、2ボールからの3球目。「直球狙いだったが、変化球にしっかり対応できた」と甘く入ったスライダーを振り抜き、右翼席ギリギリに運んだ。さらに七回にも142キロの直球を大振りすることなく腕をたたんでコンパクトに捉え、右翼席中段へ運んだ。

 今季は苦しい打席が続いていた。6月に入って安打は前日まで2本のみ。前日まで打率2割3分台に低迷していた。「毎日が必死。打てないと試合に出られない危機感がある」という13年目の選手会長。「結果が出なければ練習するしかない」と休日返上で打撃練習を行い、早出特打を繰り返し、持ち味のスイングを取り戻した。

 五回の逆転劇は4連続適時打によるもので、一発攻勢だけでなく、単打でつなぐ攻撃も見せたオリックス打線。交流戦8勝5敗と上昇気流にあるチームで、T−岡田が復調すれば大きな得点源となる。【長田舞子】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報