プロ野球:西武が連敗3で止める 今井がプロ初登板初勝利

2018/06/13 21:54 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ○西武7−4ヤクルト●(13日・メットライフ)

 西武が連敗を3で止めた。四回に外崎、メヒアの2者連続ソロで逆転。六回、源田の適時打などで計4点を奪った。2年目の今井がプロ初登板初先発を果たし、6回1失点で初勝利。

 ヤクルトはブキャナンが6失点し、連勝が3でストップ。

 ◇両親にウイニングボール

 西武の今井は試合後、観戦に訪れていた両親にウイニングボールを手渡した。ヒーローインタビューで今井は「今まで迷惑をかけてきたが、これからは僕が両親を支えていきます」と感謝の言葉を述べた。ボールを受け取った母・江利子さん(47)は「今日の勝利は本人にとっても宝物、自分の支えになると思う。すてきな息子です」と喜んだ。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報