日大アメフット:内田監督、反則行為の指示否定 学内調査

2018/05/16 21:25 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカンフットボールの日大−関学大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が相手選手に反則タックルをして負傷させた問題で、日大の内田正人監督は学内の調査に反則行為などの指示を否定した。日大広報部が16日に明らかにした。

 日大広報部によると、関学大から求められた回答書をとりまとめるため内田監督に事情を聴いたところ、「反則行為などは指示してはいない」と説明した。また、反則を繰り返して退場となった選手以外にも事情を聴いたところ、内田監督からの指示を否定した。

 日大は、これらの調査結果を回答書に盛り込んで15日に関学大に届けた。関学大は17日に記者会見を開き、今後の対応などを説明する。【飯山太郎】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報