九州六大学野球:九州国際大、久留米大が連勝

2018/04/16 19:55 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 九州六大学野球春季リーグは16日、福岡・久留米市野球場で第1週の2回戦3試合があった。2季連続優勝を狙う九州国際大は九州大、久留米大は北九州市立大にそれぞれ連勝。2季ぶりの制覇を目指す福岡大は西南学院大に勝ち、1勝1敗とした。

 ◇17安打の猛攻で連敗免れた福岡大

 福岡大は17安打の猛攻で連敗を免れた。四回に井上大(4年・宇部鴻城)の左中間2点適時二塁打など5連打で3点を先取し、七回には打者12人で7点。1回戦に続いて中1日で先発したエース左腕・秋山(4年・田川)を援護した。1回戦の得点はソロ本塁打2本だけだったが、井上大は「ベンチでつなごうと声を掛け合っていた」。打者の意識の変化が打線のつながりを生み、次週への勢いも得た。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報