西日本豪雨:防災情報メール192万件の配信が遅延 岡山

2018/07/12 21:27 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岡山県は12日、今回の西日本豪雨に絡む防災情報メール計約192万件の配信が、最大2時間程度遅れるトラブルがあったと発表した。

 県によると、登録者約6万4000人向けに配信している「おかやま防災情報メール」。気象庁が出す警報や注意報、土砂災害警戒情報、河川の観測情報などを配信しているが、6日午後6時半〜7日午前11時半に送ったメールに遅れが生じた。

 特定のドメイン(インターネット上の住所に当たるもの)にメールを送信した際に迷惑メールと判断されたことで、大量の再送処理が発生。これに伴い、他のメールの配信も滞ったという。県は再送処理が必要になった約3000人への配信を中止した。

 県危機管理課は「災害に影響があった可能性があり、重大な問題と受け止めている。対応を検討したい」としている。【高橋祐貴】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報