日野町事件:長男ら墓参り 「再審開始の決定」報告

2018/07/12 19:15 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 滋賀県日野町で1984年、酒店経営の女性(当時69歳)が殺害されて金庫が奪われた「日野町事件」で、再審を開始する決定が出た阪原弘(ひろむ)さん(享年75)の長男弘次(こうじ)さん(57)らきょうだい3人が12日、同町にある阪原さんの墓を訪ねて報告した。

 阪原さんは日野町事件で強盗殺人罪に問われて無期懲役が確定し、服役中の2011年に病死。弘次さんら遺族が求めた第2次再審請求で、大津地裁が11日、再審を開始する決定を出した。

 この日、弘次さんは「再審開始を決定する」と書かれた決定の主文を墓前で読み上げ「再審決まってよかったな」と語りかけた。次女則子さん(53)は「生きている間に助け出せんくて、本当ごめんな」と泣き崩れた。長女美和子さん(55)は「検察側が即時抗告するかもしれないが、無罪を勝ち取れるよう頑張る」と誓った。【小西雄介】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報