西日本豪雨:関連死防げ 健康管理チームDHEAT現地へ

2018/07/12 11:52 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大規模災害後に被災者の健康管理をサポートする「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT=ディーヒート)と呼ばれる専門集団が12日、厚生労働省から岡山県に派遣された。今年3月に運用が開始され、被災地への派遣は全国で初めて。避難生活の長期化による感染症の発症やエコノミークラス症候群などによる災害関連死を防ぐため、必要な人材や物資を把握し、供給する調整役を担う。

 DHEATは各都道府県が1チーム5人程度を被災地に派遣する仕組み。人員を交代しながら数週間から数カ月活動する。メンバーは厚労省で研修を受けた都道府県所属の医師や保健師、管理栄養士などで、被災自治体の保健所などに入る。

 今回は、岡山県が派遣を要望し、厚労省が調整して長崎県から5人のチームを派遣した。岡山県倉敷市羽島の県備中保健所を拠点に、1週間ごとに人員を交代させながら約3週間活動する予定。

 この日、報道陣の取材に応じたチーム責任者の宗(そう)陽子・長崎県南保健所長(47)は「医療機関の被災状況や、避難所にいる被災者の健康状態について、まずは情報収集したい。どこにどんなマンパワーが必要かを検討し、課題解決につなげるつもりだ」と話した。

 DHEATは、2011年の東日本大震災や16年の熊本地震で、震災後の公衆衛生のサポートが不十分だった反省から、厚労省が派遣体制を整えた。16年から各都道府県の希望者を集めて研修しており、修了者は1000人を超える。消毒液の需要の把握や配給の調整、感染症が発症した時の医療スタッフの配置など、仕事は多岐にわたる。「被災家屋を片付けた際に履いた長靴は不衛生なので避難所に土足で入らない」「配給された食べ物をもったいないからと取っておかない」など、感染症や食中毒対策を周知徹底する。【山田毅、小林一彦】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報