はやぶさ2:小惑星「リュウグウ」の画像公開 JAXA

2018/06/14 13:12 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した目的地の小惑星「リュウグウ」の最新画像を公開した。はやぶさ2は27日ごろ、リュウグウ上空20キロの地点に到着する予定。

 画像は13日、リュウグウまで約920キロの地点で撮影した。ぼんやりとしているが、球形に近く、やや角張っているように見える。直径は1キロ程度とみられる。初代はやぶさが探査した小惑星「イトカワ」のようないびつな形ではなさそうだ。

 はやぶさ2は14日現在、リュウグウに対して秒速約1・7メートルで追尾しており、約700キロにまで近付いている。はやぶさ2プロジェクトチームの吉川真JAXA准教授は「形や大きさは想定と大きくずれていない。これからどう見えるか非常に楽しみ」と話した。

 今後も搭載カメラで撮影を繰り返し、リュウグウの正確な位置を確認しながら徐々に接近する。【池田知広】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報