博多阪急:「ビリヤードサッカー」で景品を

2018/06/13 20:05 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーW杯ロシア大会の開幕(14日)を前に、福岡市博多区の百貨店「博多阪急」で13日、「ビリヤードサッカー」に挑戦して景品を狙うイベントが始まった。

 17日の「父の日」までのイベントで、ギフト売り場で買い物した人が対象。通常より小さなサッカーボールを蹴り、奥の3個のボールをはじいてゴールに入れた数を競う。

 蹴るチャンスは1度だけ。ゴールを決めてもう一つの「サプライズプレゼント」を得るため、日本代表のように「負けられない戦い」が繰り広げられる。【山崎あずさ】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報