日本医師会:会長選に2氏届け出 23日投開票

2018/06/13 19:28 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選挙の立候補受け付けが13日締め切られ、現職で4期目を目指す横倉義武氏(73)と、前奈良県医師会長の塩見俊次氏(68)の2人が届け出た。23日に東京都文京区の日本医師会館で開かれる定例代議員会で投開票がある。任期は2年。

 横倉氏は外科医で、福岡県医師会長などを経て2012年から現職。17年10月には世界医師会長に就任した。塩見氏は整形外科医で、08〜17年に奈良県医師会長。日医の理事を務めた経験もある。

 日医は開業医や勤務医ら約17万人の会員で構成される学術団体。診療報酬引き上げを政府・与党に働き掛けるなど政治的な活動もしている。【野田武】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報