新潟女児殺害:容疑者の車内から練炭 自殺準備か

2018/05/17 10:49 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、線路内に遺棄された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された同市西区の会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)の車に練炭が積まれていたことが判明した。

 新潟県警捜査本部は14日、同区の道の駅「新潟ふるさと村」から小林容疑者を任意同行し、黒っぽい色の軽乗用車を押収した。捜査関係者によると、この車から練炭と七輪が見つかったという。事件後に購入したとみられ、自殺の準備をしていた可能性がある。

 小林容疑者は事件発生の7日以降、勤務先の電気工事会社を無断欠勤していた。同社の経営者によると、無断欠勤は初めて。ほぼ毎日メールが届いたが、「休んで迷惑かけてすみません。もうちょっと時間ください」といった内容で、事件から3、4日後に電話した時は声に張りがなく元気がなかったという。

 捜査関係者によると、小林容疑者は7日午後10時19〜30分ごろ、同区のJR越後線の線路内に遺体を遺棄した容疑を認め、「電車にはねられたと見せかけたかった」と供述。事件の発覚を免れようとしていた。

 しかし、県警は翌8日に捜査本部を設置し、約130人態勢で捜査を開始。同日には、小林容疑者の勤務先に勤務の状況や態度を問い合わせていた。【井口彩、南茂芽育、神内亜実】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報