かこさとしさん:藤沢で追悼展示 絵本や原画など

2018/05/17 10:46 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神奈川県藤沢市在住で2日に92歳で亡くなった絵本作家、かこさとしさんを追悼する作品展示が、同市朝日町の市役所本庁舎1階ロビーと、同市湘南台の総合市民図書館をはじめ4市民図書館で開かれている。市役所は20日、各図書館は31日まで。

 かこさんは1959年に絵本作家デビュー。70年に藤沢に移り住んで創作活動を続け、人気シリーズの「だるまちゃん」は累計389万部発行された。総合市民図書館の30周年記念には原画を寄贈し、市の依頼を受けて企画展を開催するなど、藤沢の文化向上に貢献した。

 市役所の追悼展示「ありがとう かこさとしさん」では、代表作の絵本や複製原画、3月に刊行した著書などで、かこさんの歩みを紹介。総合市民図書館では展示に合わせ、かこさんへのメッセージを受け付けるコーナーも設けた。市は「かこさんの功績が多くの人の心に残るよう展示を企画した。これまでのご協力に感謝したい」としている。【鈴木篤志】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報