お茶漬け給食:永谷宗円の命日を前に 京都・宇治田原町

2018/05/16 21:39 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 江戸時代に緑茶の製法を開発した永谷宗円(ながたに・そうえん)の命日の「お茶漬けの日」(5月17日)を前に、宗円の出身地で茶どころの京都府宇治田原町で16日、小学校の給食で茶漬けが振る舞われた。

 茶漬け製品で知られる食品大手「永谷園」の創業家が宗円の子孫でもあり、子供がお茶に親しみを持つようにと3年前に始めた取り組み。この日は町立小2校の5、6年生約150人が味わった。

 町内産の新茶を白米の上に注いでもらい、競うようにかき込んだ児童は「おいしい」と笑顔。郷土の歴史もこれでさらさら頭に入る?【矢倉健次】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報