愛知・強制わいせつ:女子児童が被害 小学校臨時講師起訴

2017/06/19 21:13 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◇地検岡崎支部 別の女子児童で県警が再逮捕

 勤務先の女子児童にわいせつな行為をしたとして、名古屋地検岡崎支部は19日、愛知県知立市立小学校の臨時講師、大田智広(としひろ)容疑者(29)=同県刈谷市=を強制わいせつ罪で起訴した。県警は同日、勤務先の別の女子児童に対する強制わいせつ容疑で再逮捕した。

 再逮捕容疑は5月上旬〜中旬ごろ、勤務する小学校の1階トイレで、低学年の女子児童にわいせつな行為をしたとしている。

 「小さい子が好きで自分の欲望を満たすためだった」と容疑を認めているという。県警などによると、5月29日に児童の保護者から校長に相談があった。

 大田容疑者は知立市教育委員会に過去の処分歴などを隠した履歴書を提出して2015年4月、人員補充のため臨時任用講師として採用され、現在の小学校は3校目の勤務だった。【斎川瞳】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報