スルガ銀の行政処分検討 金融庁、三者委結論踏まえ対応

2018/06/14 17:03 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 首都圏のシェアハウスの物件オーナーに対する不適切な融資を巡り、スルガ銀行を立ち入り検査している金融庁は14日、同行が設置した第三者委員会の調査結果を踏まえて、行政処分などの対応を取る方針を明らかにした。国会内で開かれた国民民主党の会合で金融庁の担当者が答えた。
 担当者は「第三者委の調査結果と金融庁の検査結果を合わせて、しっかりと厳正かつ適切な対応をしていく」と述べた。その際の刑事告発の有無についても質問が出たが、担当者は明言を避けた。
 第三者委の中村直人委員長は静岡新聞社の取材に、8月末までに調査結果をまとめる意向を示しているが、金融庁側は時期について「今の段階で決まっていることではない」とした。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報