高校生の自転車事故続く 静岡県警が注意喚起

2018/05/17 07:53 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 静岡県内で15日、高校生の自転車事故が相次いだ。清水町で登校中にマイクロバスと衝突した2年の男子生徒が重体になったほか、浜松市東区では夜間に歩行者と衝突した2年の男子生徒が16日に死亡した。
 県警交通企画課によると、今年県内で発生した高校生の自転車事故は15日現在、335件(前年同期比25件増)、負傷者は330人(同30人増)。菊川市では4月23日に1年の女子生徒が登校中に大型貨物車と衝突し、翌24日に死亡した。
 県警の担当者は特に登校中の事故が増えているとして「時間には余裕を持ち、安全確認を確実に行ってほしい」と強調。「スマートフォンを操作しながら、イヤホンで音楽を聴きながらの運転は周囲の状況が把握できず、重大事故につながる」と注意を呼び掛けている。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報