水窪中生が高根城を見学 構造や歴史、理解深める

2018/04/17 09:06 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 浜松市天竜区水窪町の市立水窪中の生徒が16日、地域学習の一環で同町の高根城跡を見学し、山城の構造や歴史について理解を深めた。
 水窪観光ボランティアガイドの会のメンバーから説明を受け、2001年までに復元された城内を歩いた。斜面を約9メートル(最深部)の深さまでV字形に掘り込み、敵の進行を阻止する堀切や、追い込んだ敵を上から攻撃することができる土塁などを見て、短期決戦型の山城の工夫を確認した。高さ約8メートルの「井楼櫓(せいろうやぐら)」にも上り町内を一望した。
 同会によると現在の城は武田信玄、勝頼親子が遠江侵攻戦の拠点とするため1570年前後に大改修した後の姿を復元したもの。昨年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影で使用され、見学者が増加しているという。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報