安倍首相:宮城県連と会食 消費増税と県議選が話題に

2018/06/13 18:03 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍晋三首相は13日、自民党宮城県連の国会議員や県議らと首相公邸で昼食をとりながら意見交換した。出席者によると、来年10月に予定される消費税率10%への引き上げと宮城県議選(来年11月任期満了)の時期が重なることが話題になり、首相は「絶対に消費が落ち込まないよういろいろな対策を打つ」と述べた。被災地の復興支援や地方創生に取り組む考えも示した。

 首相は4月に大阪府、5月に北海道、6月に滋賀県を訪れ、自民党の地方議員と会合を重ねている。今回の会食も9月の党総裁選をにらんだ対応の一環とみられる。【川辺和将】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報