新天皇即位:新元号1カ月前公表 政府、初めて時期明示

2018/05/17 15:46 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府は17日、2019年5月1日の新天皇即位に伴う新元号の公表時期について、同日の改元の1カ月前を想定して準備する方針を決めた。各府省庁の情報システムを改修し、民間企業や地方自治体にも対応を要請する。

 17日に開いた関係省庁連絡会議(議長・古谷一之官房副長官補)の初会合で確認した。政府が公表時期のめどを明らかにしたのは初めて。19年2月24日の天皇陛下在位30年記念式典後の公表を検討してきた経緯から、政府関係者は「4月1日までの間に公表する可能性が高い」との見方を示した。

 政府は国民生活への影響を少なくするため官民から意見を聞き、新元号に対応するシステム改修に1カ月程度かかると判断した。各府省庁の情報システムは西暦を使用するものが多いが、一部では元号を使っており、新元号に備えた改修が必要になる。改修は改元日までに終え、間に合わない場合でも、システム間で情報のやりとりができるよう暫定的な対策を講じる。

 運転免許証など紙の証明書に関しては、改元後も「平成」と表記されたものを新元号に訂正して使用を認めるなど、対策と周知方法を検討する。

 「昭和」から「平成」への代替わりでは、昭和天皇が逝去された日に新元号を公表し、翌日から施行された。30年前と比べてコンピューターが広く普及した今回は、事前準備で混乱を回避する。【野間口陽】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報