加計問題:柳瀬氏招致の結論出ず 野党は参考人拒否

2018/04/16 20:48 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民党の森山裕国対委員長は16日、立憲民主党の辻元清美国対委員長と国会内で会談し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題を巡って衆参両院の予算委員会で23日に集中審議を行うことを提案した。2015年4月に愛媛県職員らと面会したとされる柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)らを参考人として招致する方針も伝えた。しかし、辻元氏は「話にならない」と偽証罪に問える証人喚問を改めて求め、折り合わなかった。

 与党は柳瀬氏のほか、内閣府で当時、国家戦略特区を担当した藤原豊経済産業省貿易経済協力局審議官や、獣医学部新設を評価する加戸守行前愛媛県知事らも招致し、同県今治市の国家戦略特区で加計学園が事業者認定されたのは、安倍晋三首相とは無関係だと説明しようとしている。これに対し野党は、面会を否定する柳瀬氏を証人喚問で追い込みたい考えだ。与野党は17日以降、引き続き協議する。柳瀬氏は17〜20日、首相の訪米に同行するため、招致は帰国後になる。

 首相は16日、自民党役員会で「国民の前ですべてを明らかにしていく覚悟だ」と述べた。【村尾哲】

毎日新聞

政治

政治一覧>

注目の情報