南北閣僚級会談:16日、板門店で開催 宣言履行へ協議

2018/05/15 12:30 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ソウル渋江千春】韓国統一省は15日、北朝鮮との南北閣僚級会談を板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で16日に開催すると発表した。閣僚級会談の開催は4月27日の南北首脳会談以降初めてで、首脳会談で発表された「板門店宣言」の具体的な履行方法について協議するという。

 閣僚級会談では、板門店宣言で5月中に開くとした将官級軍事会談や、離散家族再会のための赤十字会談について議論される見込みだ。開城(ケソン)に設置される南北共同連絡事務所や南北の鉄道連結など、経済協力関連の議論も行われるとみられる。

 北朝鮮は対韓窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長を団長とする代表団を派遣し、韓国からは趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相が首席代表として出席する。

毎日新聞

国際

国際一覧>

注目の情報