坂口健太郎、緊迫の取り調べシーンは「体力を使う撮影」

2018/04/17 16:37 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンテレ・フジテレビ系の連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(毎週火曜 後9:00)より(左から)長谷川京子、坂口健太郎、吉瀬美智子 (C)カンテレ

 俳優の坂口健太郎が主演する17日放送のカンテレ・フジテレビ系の連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(毎週火曜 後9:00)第2話のみどころコメントが到着した。初回のラストでは坂口演じる健人と美咲(吉瀬美智子)が、15年前に起きた女児誘拐殺人事件の真犯人・吉本圭子(長谷川京子)を追い詰めたところで終了。第2話では“時効成立まで、あと20分”の取り調べからスタートする。

【劇中カット】ミステリアスな悪女を演じる長谷川京子

 同ドラマでは坂口演じる主人公・三枝健人が、無線機を通じて繋がった“過去”の刑事・大山剛志(北村一輝)と長期未解決事件に挑むヒューマンサスペンス。この女児誘拐殺人事件は、健人にとって友達の女児が被害にあっただけでなく、自身が女児を連れ去る謎の女を目撃。そして、そのことを警察に訴えるも、相手にしてもらえなかったという、いわば因縁の事件だ。

 時効目前に犯人を自らの手で追い詰めた健人は“逮捕できるかどうか”という瀬戸際での攻防を真犯人と繰り広げる。この場面をみどころとしてあげた坂口は「時間もなく、自供を引きだすために健人が熱くなるシーンでは、現場での緊迫した雰囲気を受けて、自分が想像していたよりも感情を高めてお芝居しました。まだ警察官としての若い部分や周りが見えていなくて突っ走ってしまう、その若さは出していきたいとは考えていたので、意外と体力を使う撮影でした(笑)」と工夫を重ねた撮影を振り返る。

 また第2話では新たな未解決事件も登場。「タイトルにもある未解決事件捜査班が発足するのですが、結成したての班だから、チームとしてのまとまりがない。でも、話数を重ねる中で出てくるチーム感の変化と、どのように未解決事件とこのチームが向き合っていくのかを考えながら見ていただければと思います」と今後の展開も含めてアピールしている。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報