近藤春菜、大河ドラマ初出演へ 旅籠の仲居・虎役に抜てき「西郷どんじゃねーよ!」

2018/02/14 12:16 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ『西郷どん』に出演が決まった近藤春菜 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が、放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00)の新たな出演者に加わることが14日、わかった。初の大河出演となる近藤は鈴木亮平演じる主人公・西郷隆盛が京都で出会う旅籠「鍵屋」の仲居・虎役に抜てき。「いままで『西郷どんじゃねーよ!』と言わせていただいたことあるので、西郷どんにはシンパシーを感じていました」と喜びのコメントを寄せた。

【全体ショット】松田翔太、風間俊介ら新たな出演者

 薩摩藩士たちの定宿で、月照和尚(尾上菊之助)との密会の場となる鍵屋。そこで命をかけて天下国家を語る西郷ら薩摩藩士を見守り、西郷にひと目惚れした虎は「西郷さんのためなら命も惜しまず!」の勢いで献身的に支えようとする人物だ。近藤は「『西郷どん』に出させていただけること。本当に幸せです。みなさまから愛されるお虎になりますように頑張りますので、よろしくお願い致します」と呼びかけている。

 近藤といえばお笑い芸人として活動する一方、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』では主人公の女学校時代の友人・白鳥かをる子役で女優としても存在感を発揮。櫻井賢プロデューサーは「中園さんが『ぜひ』と」と『花アン』も手掛けた同ドラマ脚本の中園ミホ氏のお墨付きを明かし、「お話もシビアになるなかで、熱い薩摩藩士が展開しているなかでお虎がいるだけでほっこりする。新しい魅力をみせてくれるのでは」と期待を込めた。

 同日行われた会見では近藤のほか一橋・徳川慶喜役(松田翔太)、橋本左内役(風間俊介)、本寿院役(泉ピン子)、おゆう役(内田有紀)、小松帯刀役(町田啓太)、近衛忠煕役(国広富之)、勝海舟役(遠藤憲一)、桂小五郎/木戸孝允役(玉山鉄二)、岩倉具視役(笑福亭鶴瓶)ら21人の出演が発表された。
ORICON NEWS

エンタメ

注目の情報